記事一覧

「種牡馬30年」のタテヨコ比較!

今まさにピョンチャン五輪真っ最中ですが、ピョンチャンが終わると次の五輪は2020年東京五輪ですね。2020年といえば、私たちバヌーシーにとっては今年の2017年産ドラフトで2020年クラシック世代を戦う馬を選ぶことになります。春になると社台サンデーの募集馬リストがでたりなどで右往左往してしまうので、今の時期に少し俯瞰してみて大きな流れを捉えてみたいと思います。手始めに「種牡馬30年」です。netkeibaのリーディング情報...

続きを読む

フィギュアからの「線で見ていくことに価値がある」

羽生選手、宇野選手、おめでとうございます!感動しました。ピョンチャン五輪では初めてフィギュアをきちんと観戦しました。昨年冬にフィギュアをずっと見ている友人からいろいろ話を聞きちょっと興味を持ち始めました。そして今回の五輪中は友人からの解説・見所をメールでもらいつつの観戦でとても楽しむことができました。この一連の友人からのメールで気づかされたことがあります。それは「線で見ていくことに価値がある」とい...

続きを読む

噛みつきウインディ

明日はフェブラリーSですね。フェブラリーSはG1になった最初の年(1997年)がとにかく思い出に残っています。1997年のフェブラリーSが私が初めて競馬場で観戦した日なんですよ~。いやー、懐かしいー。友人に教えられて前年の秋のG1シリーズから馬券を買い始めて、飽きるかと思いきや飽きなかったんですよね。どんどん興味を持っていって。ずっと競馬場へ行きたかったのですが、競馬場のイメージが怖かったりとかで一人ではいけ...

続きを読む

騎乗中の風の音

ピョンチャン五輪。スピードスケートが面白いです。トラック競技なのでラップタイムもでてくるので選手によって「逃げ先行型」「差し追い込み型」だったり、距離によって前傾型・後傾型があったりと新たな気づきも多く楽しみながら見ています。2/14(水)夜のNHKスペシャルで「日本代表パシュート特集」をやっていました。これも面白かったんですよね。なかでも一番興味を持ったのがレース中の風の音。パシュートは先頭の選手が風...

続きを読む

【ウォリアーズクロス】前回手術明けと今回手術明けの経過日数比較②

2度目の骨折から3/4に復帰を目指すウォリアーズクロス。がんばっています。昨年秋に以下のエントリをしていましたので更新版です。【ウォリアーズクロス】前回手術明けと今回手術明けの経過日数比較前回のエントリから早4か月…、なんとか無事に復帰してほしいものです。前回エントリでは「復帰は3/1頃?!」と見込んでいましたが、なんとほぼ見込み通りの復帰戦予定になりました。表を更新したものが以下です。前回の骨折手術~復...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。