記事一覧

国枝師の育成チャレンジ

出資馬ウォリアーズクロスの国枝厩舎はいつも我が家の注目です。そんななか広尾TCで国枝師とのイベントがあるのでさっそく申し込みしてみました。(ウォリアーズクロスとは関係ないですがw)国枝栄調教師と見る!シーザライト入厩前調教見学ツアーin千葉+このイベントのおかげで恥ずかしながら「ジョイナスファーム」を初めて知ることになりました。一度知ると「ジョイナスファーム」が気になるものです。POG本によっては「育成牧...

続きを読む

2017皐月賞 注目の厩舎

桜花賞では注目した厩舎のひとつ本田厩舎が優勝しました。(桜花賞の記事→2017桜花賞 注目の厩舎)やはり過去の分析は大切ということ。牡馬クラシック路線も同様な分析をしていきます。まず2017年クラシック世代の朝日杯について振り返りです。(2016朝日杯FS 注目の厩舎)詳細は上記記事に譲りますが、朝日杯は”分散型”であり、多数出走厩舎は少なかったです。そのなかでも藤沢和厩舎と池江厩舎が、朝日杯5年で4回出走の実績を...

続きを読む

2017桜花賞 雑感「種牡馬ダイワメジャー安泰」など

桜花賞はレーヌミノルの勝利でした。ここまで強い競馬を見せていましたが距離適性からか人気が落ちた今回、池添騎手の早めの仕掛けも抜群でした。関係者のみなさま、おめでとうございます。さて今年の桜花賞終了で個人的に感じた内容です。①種牡馬ダイワメジャー安泰2013年産メジャーエンブレムに続き、2014年産レーヌミノルを輩出しダイワメジャーの種牡馬としての地位も安泰になったように思います。ちなみにダイワメジャーの種...

続きを読む

2017桜花賞 注目の厩舎

我が家の出資馬ルヴォワールで牝馬クラシックサバイバルレースを戦っていたのですが、残念ながらルヴォワールはリタイヤ。このため今年の桜花賞はライバル分析というよりは純粋にレースを楽しむことができそうです。出走できた各馬はケガなくよいレースができるよう願っています。というわけで年末の2歳G1で行ったものと同様な形式での桜花賞出走厩舎分析です。(昨年の阪神JF記事→2016阪神JF 注目の厩舎)今年を含めた5年分の出...

続きを読む

2014年産関東牝馬の成績

いつも勉強になる記事を上げてくださる濱田屋さんが興味深い記事を上げていました。2014年産駒の新馬戦が終わりました詳細は記事を見ていただきたいのですが、なかでも「関東牝馬の未出走率の高さ」は顕著です。我が家にも関東牝馬ルヴォワールがいまして、実は気になっていたことがあります。ルヴォワールですが、早来×天栄×手塚厩舎という組み合わせです。2016年夏頃から早来のコメントがグングンよくなっていて私も期待していま...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。