記事一覧

シルク2017年募集前倒し

シルク会報に来年2017年の1歳募集の前倒しが書かれていました。時期としてはセレクトセール直後にドラフトということになります。セレクトの価格を引き継ぐことは時期的になさそうです。むしろ、社台サンデーの価格を引き継ぐことになりそうです。我が家はシルク入会がウォリアーズクロス出資からでしたので、真夏時期の最後の追加募集からでした。今後は真夏の追加募集はなくなることになりそうですね。また、メジロツボネ2015の...

続きを読む

【クライムメジャー】ベゴニア賞とりあえず感想

期待していたクライムメジャーのベゴニア賞ですが3着でした。パドックは前回までの引き手さんとは異なる担当者さんでした。別馬との兼ね合いか?それとも担当者変更か?厩舎内事情はわかりませんが、馬体重は希望どおりプラスでしたし、パドックの雰囲気は良かったです。前へ前への前進力、活力に溢れる周回でした。実際、出走馬のなかでは唯一パドック外側を歩いていましたし、前回のサウジアラビアRCのときとは違ったように感じ...

続きを読む

【クライムメジャー】ベゴニア賞展望(血統編)

さきほどベゴニア賞の記事を作成した後にネット記事を読んでいたら以下記事が目につきました。和風キングジョージ状態の東京芝血統だけでなく多角的な角度から分析しているので参考にしている亀谷さんの記事です。いまの東京競馬場芝はまさかの?ハービンジャー野郎のようです。そこから派生して「和風キングジョージ状態」という見解になっています。面白いですね。しかも、クライムメジャーは「ダイワメジャー×トニービン」とい...

続きを読む

【クライムメジャー】ベゴニア賞展望(厩舎クオリティ)

仕事が忙しくブログをつくる気力もなかったですが、ベゴニア賞を目指してがんばって今週を乗り切りました。そのベゴニア賞。重賞はもちろん楽しみが大きいですが、「2歳限定500万下特別戦」「3歳限定500万下特別戦」もワクワク感があります。個人的な見解ですが、「2歳限定500万下特別戦」「3歳限定500万下特別戦」で勝ち負けできれば上級条件を目指せるという目安を持っているからです。クライムメジャーがベゴニア賞で勝利できれ...

続きを読む

G1勝ち馬の種牡馬と種付け料金

前回2016エリザベス女王杯を振り返るという記事を作成しました。実は、クイーンズリングがマンハッタンカフェの種付け料金で高い時期の産駒だった事実に私自身が一番驚きました。となると今年のG1勝ち馬の種牡馬と種付け料金の関係性も気になります。というわけで調べてみました。【各種データ】①2016年G1勝ち馬と種牡馬、社台SSの場合は種付け時料金モーニン(外国産馬)ビックアーサー(サクラバクシンオー、社台SS)【250万円】...

続きを読む

2016エリザベス女王杯を振り返る

昨日のエリザベス女王杯、デムルメワンツーは見慣れた光景でしたが、「マンハッタンカフェワンツー」「社台Fワンツー」という1着2着でもありました。クイーンズリング、シングウィズジョイの2頭は2012年産です。2012年産のマンハッタンカフェ産駒といえばルージュバックもいまして当たり年と言えそうです。マンハッタンカフェ自身が亡くなっていることもあり、種牡馬マンハッタンカフェの時代がかなり前の感覚になっていますが、実...

続きを読む

【クライムメジャー】次走11/27ベゴニア賞予定

クライムメジャーの次走が、ジャパンカップデーのベゴニア賞に決まりました。ジョッキーもミルコで継続予定です。前回、サウジアラビアRCと同条件の「東京遠征」「芝マイル」ということで、前回見えた課題の改善ができるかがテーマになると思います。池江厩舎のカイゼン力を楽しみたいです。すでに私の脳内では<ベゴニア賞勝利→中2週で朝日杯FSへ行きG1ゲット>を思い浮かべています。そこで今回は「池江厩舎」と「デムーロ騎手」...

続きを読む

斎藤誠厩舎のクオリティ

キャロットドラフトで落選したものの狙っていたカニョット2015。そして、シルクで出資確定したターシャズスター2015。両方とも関東の斎藤誠厩舎です。ハープスターに出資していたこともありハープのライバルヌーヴォ陣営の指揮官斎藤誠師にはほかにはない感覚でリスペクトしています。どこかで斎藤誠師所属になる馬に出資してみたいと思っていましたので今年実行したわけです。そしてこのタイミングで斎藤誠厩舎のクオリティです。...

続きを読む

【ビートフォーセール】11/6京都未勝利(牝)結果

2歳戦好調のハーツクライ産駒の波に乗れるかビートフォーセール?仕事の関係で11/6夜にレース内容確認できました。出走は京都芝1600の未勝利(牝)。体重は過去最低の452㌔。これがよいのかどうかはわからないです。そしてレース。4角入る前まではよい感じに見えましたが伸びず8着。結果は残念です。【タイム比較】11/5(土)2歳新馬      良 1:36.3 レース上がり34.4(優勝クリアザトラック 34.1)11/6(日)2歳未勝利(牝...

続きを読む

上位20%厩舎がどれくらい稼いでいるのか

「厩舎クオリティ」というタイトルで厩舎研究をしています。やはりデータ分析はマクロから進めていくと全体像が把握できて理解しやすいです。先日は全体と東西比較をしてみました。比較結果、予想とおり関西が1.4倍稼いでいることがわかりました。ある意味予想とおりではありましたが、算出してみると余計に身に染みます。続き物として今回は「上位20%(40厩舎)がどれくらい稼いでいるのか?」を調べてみたいと思います。パレー...

続きを読む

プロフィール

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。