fc2ブログ

記事一覧

【厩舎クオリティ2016】月平均1馬房賞金トップ10

JRAリーディング情報も確定しましたので併せて私なりの厩舎分析である「厩舎クオリティ」を更新しました。早速「月平均1馬房賞金」トップ10です。”馬房別”で抽出しているのは、厩舎による馬房数の違いを考慮して評価するためです。そして賞金に拘っています。やはり出資馬が稼いでくれないと出資を継続しにくいと思うからです。JRAには東西合わせて約200厩舎ありますので、トップ10厩舎は上位5%に当たります。相当、優秀な成績と...

続きを読む

2016年2歳リーディングサイヤー

年末になり2歳リーディングサイヤーも確定したので振り返りをしたいと思います。5月時点で以下のような2歳リーディングサイヤー予想をしていました。2歳リーディングサイヤーを占う【2016年2歳リーディングサイヤー予想】①ディープインパクト②ハーツクライ③ダイワメジャー④ステイゴールド⑤ルーラーシップ【結果】①ディープインパクト②ダイワメジャー③ハーツクライ④ハービンジャー⑤ルーラーシップ※⑥ステイゴールドハーツクライの躍...

続きを読む

【ルヴォワール】調教で動けている様子です

当たり年のハーツクライ牝馬ルヴォワール、順調に手塚厩舎でトレーニング中です。手塚師からは「ダートデビュー有力、でも芝デビューも迷う」という迷走コメントを残し年末年始更新なし期間へ突入です。これは出資者の妄想を膨らませるための迷走コメントかもしれません。この際なので夢いっぱいの年末年始です。とにかくウッドコースでの調教が動いているらしい。そこで調教素人の私は辻三蔵さんの力を借りることにしました。辻調...

続きを読む

シルク 2016年第1回追加募集

予定通り?シルクで追加募集が発表されました。今回はノーザン産やレイクヴィラ産はなく日高生産馬ばかりです。我が家はこれまで日高生産馬への出資がないです。当たりを引く自信がないんですよね。キャロットのエピカリスあたりを引く自信はまったくありません。今回のシルク追加募集で出資するかどうかは別として、今後のために傾向分析をしてみました。まずは今回のシルク追加募集馬↓馬体を見れない私はなんとか別な項目でヒン...

続きを読む

2016有馬記念予想

忘年会シーズンだったり、シルクで追加募集があったり忙しいですね!有馬記念を的中させて今年を締めくくりたいものです。有馬記念は昨年(2015有馬記念)うまく仕留めることができましたので、今年もベースの考え方は昨年と同様にしたいと思います。考え方①とにかく有馬記念は4歳馬有利で、次が3歳馬です。5歳以上は不利とみています。4歳は以下です。マルターズアポジーミッキークイーンヤマカツエースシュヴァルグランキタサン...

続きを読む

2016出資馬の出走を振り返る

土曜は時間が少しできたのでシルクラウンジに行きました。ちょうど中山で口取りをされてきた方とご一緒させていただき、喜びもいただきました。こうやってときどきラウンジに行くと会員諸先輩方の話をお伺いできるのでいいですね。今後も1~2か月に1回は訪問して自分の知識をアップデートする場にしたいです。みなさんと話していると我が家の出資頭数が少ないことも改めて実感します。(ラウンジに集う会員さんはご熱心な方が多い...

続きを読む

【ルヴォワール】手塚厩舎の忘年会フィーバーの勢いに期待

米倉涼子「ドクターX」現場へメロン150万円超の大盤振る舞い米倉涼子さん、シャレの利いたカッコイイ差し入れです。スタッフにも喜んでもらえて、マスコミが記事にして…。150万円以上の投資効果です。凄すぎます。売れるドラマもやはり組織力なんでしょうかね。そんななか東スポでこんな記事がありました。「“楽しい厩舎忘年会”トップ3に入る手塚貴久厩舎」元記事→ツインキャンドル 手塚厩舎の忘年会を盛り上げる期待馬/トレセン発...

続きを読む

2016朝日杯FS 注目の厩舎

先週の阪神JFで直近5年分の出走厩舎をだしたのですが、自分で抽出してみてですが興味深かったので朝日杯FSでも同じことをしてみたいと思います。(2016阪神JF 注目の厩舎)我が家では「重賞勝利」を目標に出資していますが、勝利の前にそもそも出走すること、これが大切だなと。実際、阪神JFでは鹿戸厩舎の出走数の多さが目立っていまして「阪神JFに出走させたいなら鹿戸厩舎管理馬へ」という考え方もアリだなと感じました。朝日...

続きを読む

【ターシャズスター2015】斎藤誠厩舎と岡厩舎のタッグ

ターシャズスター2015、我が家の1歳出資馬です。まささん(http://masasan2016.blog.fc2.com/)には後出しジャンケン?!で申し訳ないですが、我が家の期待馬です。なにが期待馬の根拠かといえば、関わる方々が育成の掛け合わせでの成功事例があるからです。我が家では過去に<ノーザンFの育成厩舎×調教師>での成功事例をなぞる作戦でうまくいった事例があります。・ブエナビスタ…ノーザンF早来日下厩舎×松田博調教師→<ノーザンF...

続きを読む

【ルヴォワール】手塚師「きましたね」

我が家の一番の期待の2歳馬ルヴォワール。手塚厩舎へ入厩し順調にトレーニングを行っています。しかも、最新のキャロット公式情報で手塚師より「きましたね」というアゲアゲコメントがでたようです。我が家は手塚厩舎出資馬が初なので、手塚師のコメントの強弱はわかっていないですが、パーティーで談笑した印象では、明るい雰囲気でポジティブな印象でした。ポジティブが強すぎると逆に怪しいですが、パーティーではそういった印...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ