fc2ブログ

記事一覧

ハービンジャー2016年産の成績(明け1月開催終了時点)

定点観測しているハービンジャー2016年産駒の動向進捗です。前回(1/1付)エントリ:ハービンジャー2016年産の成績(12月開催終了時点)好調のハービンジャー2016年産世代。前回エントリで私は以下のように申し上げました。「この2016年産ハービンジャーの次の課題は重賞戦線での活躍でしょう。勝ち上がり頭数は揃ってきましたので、年始以降で連続する3歳重賞でどれだけ活躍できるか?!ここに年始は注目していこうと思います。」...

続きを読む

【ラティーンセイル】加藤征厩舎の戦略変更

ラティーンセイルの復帰戦が楽しみななか以下記事が東スポでありました。【セントポーリア賞】アドマイヤスコール加藤征調教師「よほど抜けた馬がいなければ大丈夫」タイトルはアドマイヤスコールになっていますが、記事の多くは加藤征厩舎の厩舎戦略のような内容です。この記事のおかげで私のなかでいろいろなことが繋がって理解・納得することができました。こういう記事はマスコミだからこそ書けるものだと思いますし、とてもあ...

続きを読む

【ルヴォワール】箱根特別ハンデ設定

5歳牝馬ルヴォワールが出走を予定している箱根特別のハンデがリリースされました。トップハンデ56.0㌔は2頭です。・スプマンテ56㌔…現級勝利あり、降級馬5歳・マイネルスフェーン56㌔…降級馬5歳、2歳ホープフルSでレイデオロの2着トップハンデ2頭は現級以上での実績ある降級馬ですね。そんななか出資馬ルヴォワールは54㌔設定となりました。ルヴォワールは牝馬ですし2㌔調整を考慮するとトップハンデ56㌔と同等という考え方もでき...

続きを読む

ノーザンFの「トライアル&エラーの積み重ねと活かす力」

アエロリットの米国遠征ペガサスワールドカップターフは9着でした。まずはアエロリット・関係者の無事の帰国を願っています。ひとりのファンとしてドキドキワクワクさせてもらいました。ありがとうございました。今回の米国遠征はトライアル&エラーの最初のトライアルに近いものだと思いますし、今回の経験がノーザンFや菊沢厩舎にとって大きな価値になるものだと思います。今後のノーザンFや菊沢厩舎所属馬のさらなる活躍に期待...

続きを読む

馬券の収支記録を再開(3)

馬券の収支記録をつけることの効能は各人でいろいろあると思いますが、私にとってもっとも効果があったと感じるのは以下です。「無駄な馬券の削減」です。例えば、①パドックや返し馬などで感覚的に良いと閃いて券売機に駆け込む。②締め切り間際に不安にかられ押さえ馬券と称し券売機に駆け込む。③なんとなくの勘でプルプルプルプルーとベルが鳴っているなかで券売機に駆け込む。などなどです。①「閃いて券売機に駆け込む」…実際に...

続きを読む

馬券の収支記録を再開(2)

2019年に入ってから馬券収支の記録を再開し始めたことをエントリしました。そこでもう少し馬券収支記録についての話題です。収支記録をつける目的は馬券収支を安定させるためなわけですが、馬券収支安定の要素は以下あたりだと思います。①原価削減(無駄な馬券購買量を減らす)②原資の回転(買う→的中→買う→的中のサイクル)③適切な資金配分(メリハリをつけた馬券に)④売上アップ(的中率、配当額のアップ)馬券収支記録をつける...

続きを読む

馬券の収支記録を再開(1)

2019年に入ってから馬券収支をつけることを再開しました。以前、2016年までは馬券収支を記録していました。その後「出資馬>馬券」に割合が変化したこともあって馬券購買量が激減したので収支記録はやめていました。そして今年になって再開したのですが、これは馬券収支をつけていない父と一緒に収支をきちんと見ていこうという狙いからです。これといった趣味がなかった父もおかげさまで馬券中心に競馬を趣味にすることができまし...

続きを読む

【ウォリアーズクロス】復帰予定は2/16へスライド

昨日こんなエントリをした後にシルク公式で「軽い熱発のためスライドで」とリリースがありました。大変失礼しました。このブログで誤解を生じさせることになってしまっていましたら申し訳ございません。(【ウォリアーズクロス】復帰予定は2/3銀蹄ステークス)ウォリアーズクロス、軽い熱発で安心しました。首都圏は雨がまったく降らないこともあってかなりの乾燥状態で、インフルエンザも猛威になっています。霞ヶ浦が近いといっ...

続きを読む

【ウォリアーズクロス】復帰予定は2/3銀蹄ステークス

明け6歳の〇外ウォリアーズクロスの復帰戦が2/3銀蹄ステークスで予定されています。前走の戦いぶりからも準OPで十分にやれると思っていますのでとても楽しみです。そのウォリアーズクロスの昨年を簡単に振り返りますと①2018年3月、骨折明けで約一年ぶりに戦線復帰。②昨年は順調に走り6戦、2勝!③6走しつつも馬体重は維持・向上、540㌔台。といったあたりが特記事項です。特に③は注目しています。3歳時は520㌔台だった体重が、昨年...

続きを読む

【ルヴォワール】楽しみなルメール騎手との初コンビ

ルヴォワールの2019年が始まろうとしています。5歳牝馬で実質最終年、なんとか重賞タイトルを取らせてあげたい気持ちです。そのルヴォワール、次走が2/2箱根特別で予定されています。ルヴォワールの力からしてもクラス上位ですし楽しみなのですが、個人的に一番楽しみなのはルメール騎手との初コンビでどんな化学反応になるのかです、ほんと楽しみです。キャロット会報の血統コラムでお馴染みの望田さんはブログ上で「ルメール騎手...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ