fc2ブログ

記事一覧

【2023年産ドラフト】新種牡馬ポエティックフレア(セントジェームズパレスS優勝馬の産駒が遂に登場!)

2022年産ドラフトが終盤に入っているタイミングだと思いますが、少し目先を変えて2023年産が初年度産駒となる輸入新種牡馬ポエティックフレアの話題です。おそらく、年が明けて2024年に入れば、少しずつ2023年産新種牡馬の話題もポツポツ出てくると思いますので、今のうちにできる予習をしておこうという主旨です。実際にポエティックフレアを調べていたところ、これがかなり面白そうな種牡馬という手応えでして、調べているだけで...

続きを読む

(2023年版)JRAが今後目指す方向性~JRA理事長インタビューより~

先日、日刊スポーツにJRA新理事長のインタビュー記事が掲載されていました。原点は競馬場 UMACAやネット環境整備など、場内サービス向上で来場者増を JRA新理事長国内で日本と世界のチャンピオンが対決できる場を提供したい JRA新理事長インタビューJRA新理事長がマスメディア(日刊スポーツ)という謂わば公の場で語っている内容ということで、JRAが今後目指す方向性となる内容も含んでいると思いますし、公の場での発言という...

続きを読む

【2022年産ドラフト】阪神開催休止をどこまで考慮すべき?!②続報版

ダービー上位馬が揃って盛り上がっている菊花賞の話題が多いなかですが、次世代以降の出資馬で菊花賞出走を目指すためにも「2022年産ドラフト」に関する話題を今回は進めていきます。2024年度開催日割および重賞競走上記のとおり10月16日にJRAから、来年(2024年)の開催日割の発表があり、注目の阪神競馬の開催休止期間の詳細についても判明しました。振り返ると、今年の6月26日にJRAから以下発表がありました。阪神競馬場スタン...

続きを読む

賞金変化(増額)による3歳牡馬の動向変化(2023年版)※追記あり

(前年2022年)3歳春上位勢が天皇賞秋へ(イクイノックス、ダノンベルーガ、ジオグリフ。ダービー馬ドウデュースは凱旋門賞遠征。)(今年2023年)3歳春上位勢が揃って菊花賞(予定)(タスティエーラ、ソールオリエンス、ハーツコンチェルト、ノッキングポイントなど)上記のように、僅か一年で3歳牡馬の秋動向がガラリと変化した印象で、このような情勢変化には何か理由があるはずで、しっかり押さえておく必要がありそうだと思...

続きを読む

【メテオールライト】3歳以上1勝クラス牝(10/9)5着(回顧)

メテオールライトは5着(0.4秒差)でした。「メテオールライトの実力はこんなものじゃない」という思いもあって、レース直後は少しモチベーションが下がってしまったので、帰路に甘いものを食べて気持ちも回復させました。競馬は簡単ではないですし、私自身のモチベーション管理もしつつ、切り替えていきたいと思っています。では回顧記事です。今回は東京競馬場で観戦してきました。(※シルク公式でのレース後情報を読んだ後で書...

続きを読む

【メテオールライト】3歳以上1勝クラス牝(10/9)展望

3歳牝馬メテオールライトが昇級初戦(1勝クラス戦)を迎えます。出資馬なので贔屓目も込みですが、上を目指せる素材だと思っていますので今回も良いパフォーマンスに期待で楽しみです。そのレースの展望をしていきたいと思います。まずは相手関係などから見ていきます。(まとめた表も添付します。)【展望(1)】出走馬レベル・総賞金平均…1,220万円・前走5着内で優先権行使組…1頭(アステロイドメア)・前走3人気以内…4頭優先権...

続きを読む

【ドラフト対策】ダート路線の母父ハーツクライ

2歳戦(2021年産)のJRAダート路線において、母父ハーツクライ産駒の健闘が目立っています。10/1終了時点の2歳戦ダートのみですでに7勝をあげており、2歳限定ダートリーディングBMSではトップクラスとなっています。※「7勝」という数字ですとインパクトが弱いかもしれませんが、現時点でのダート7勝はヘニーヒューズ産駒と同じ勝利数です。ヘニーヒューズ産駒と同じ勝利数と思えば一定以上の価値を感じ取れると思います。2021年産...

続きを読む

【ピクシーナイト】スプリンターズS(2023)は8着(回顧)

ピクシーナイトで挑んだスプリンターズS(2023)は8着で終えました。祝杯用に準備していたワインを開けることはできませんでしたが、悲観するような内容ではなかったと思っていますし、G1という特別なレースを出資馬とともに楽しむことができたことに感謝しています。では、回顧記事です。今回は中山競馬場で観戦してきました。(※シルク公式でのレース後情報を読んだ後で書いています。)【レース前(個人的に考えていたこと)】...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ