fc2ブログ

記事一覧

EQUTUM(エクタム)~状態を定量化・可視化しトレーニングに生かす試み~

こちらは日経新聞(2023年11月21日)の記事です。日本経済新聞 競走馬のケガをデータで予防 経験・感覚頼みから脱却会員登録無しで読める範囲から一部引用すると以下内容です。---------------(引用)・ABEL(アベル、東京・品川)はデータや人工知能(AI)を活用し、競走馬のケガの兆候を判定するサービスを24年にも始める・デジタル技術で動物の健康を守りながら、現場の生産性向上を後押しする・アベルの新サービスではまず、...

続きを読む

(考察)スワーヴリチャード2024種付け料の衝撃-後編-

今回は後編です。後編では、一口馬主視点で「(考察)スワーヴリチャード2024種付け料の衝撃」を深掘りしていきます。------------前編では、「前例がほぼないくらいの前年比増額幅」が今後の種牡馬マーケットにおいて定着するのかどうかが注目、という主旨で書いてきました。改めてですが、なぜ注目なのか?と言えば種付け料が産駒価格に少なからず反映されると考えるからです。今回、話題にしているスワーヴリチャードで言えば以...

続きを読む

(考察)スワーヴリチャード2024種付け料の衝撃-前編-

先日、注目の社台スタリオンステーション(社台SS)2024年度の種付け料の発表がありました。SNSも含め、もっとも話題になったのが種牡馬スワーヴリチャードの増額幅だと思います。そこで今回は「(考察)スワーヴリチャード2024種付け料の衝撃」と題して、今回の事象を私なりの考察で論を進めていきたいと思います。(高い安いなどの所感の話題ではなくて、今回の種付け料の値付けが今後の種牡馬マーケットに及ぼす影響を考えてい...

続きを読む

【ファーヴェント】東京スポーツ杯2歳Sは3着(回顧)

出資馬ファーヴェントの回顧の前に優勝馬シュトラウスについてです。今回は現地、東京競馬場で見ていたのですが、パドックを周回するシュトラウスは雄大な馬体を大きく見せ迫力あるパドック周回でした。レース自体も、多くの馬が最後に苦しくなるなかで最後まで頑張り1着入線で、他馬に抜かせない勝負根性も感じるゴールの瞬間でした。嬉しい重賞制覇だと思いますし、出資者・関係者のみなさま、シュトラウスでの重賞優勝、おめで...

続きを読む

【ファーヴェント】東京スポーツ杯2歳S(2023)展望

ファーヴェントが東京スポーツ杯2歳ステークスに出走予定です。出資馬が重要度の高い2歳重賞に有力馬の一角として出走することがありがたいですし、幸せを感じています。一方で、ファーヴェントが目指すべきはさらなる高みでもあると思っていますので、ここで未来を切り拓く良いパフォーマンスになることも期待しています。では、その東京スポーツ杯2歳S(2023)を展望していきます。まずは相手関係などから見ていきます。(まとめ...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ