fc2ブログ

記事一覧

【ファーヴェント】毎日杯(2024)4着(回顧)

毎日杯の前日に競馬とは関係ないところでちょっと難儀することがあって、大阪へ行けるかどうか微妙なところだったのですが、なんとか大阪へ遠征することができました。あくまでも個人的なことなのですが、毎日杯も現地で観戦できていつも以上に嬉しかったですし、やっぱり競馬は楽しいなと実感です。さて、レース当日から数日経過していますが、ファーヴェントが出走した毎日杯の回顧記事です。今回は阪神競馬場で観戦してきました...

続きを読む

【メテオールライト】4歳以上2勝クラス(3/23)3着(回顧)

レース当日から数日経過していますが、メテオールライト出走レースの回顧記事です。今回は諸事情でリアルタイムでは見れず、レース終了後にJRAホームページ動画でレースを確認しました。(※シルク公式でのレース後情報を読んだ後で書いています。)【レース前(個人的に考えていたこと)】牡馬混合戦という点は個人的に気にしていなかったのですが、ダート路線の牡馬≒大型馬が多いなかで小型馬メテオールライトがどう立ち回るかは...

続きを読む

【ファーヴェント】毎日杯(2024)展望

ファーヴェントが重要な一戦、毎日杯を迎えます。ファーヴェントももちろん楽しみなのですが、今年の毎日杯は出走馬レベルも高そうで、レースそのものもとても楽しみにしています。では、その毎日杯を展望をしていきたいと思います。まずは相手関係などから見ていきます。(まとめた表も添付します。)【展望(1)】今年の毎日杯今年の毎日杯の出走馬は多士済々という印象です。もちろん、構図としては「ノーブルロジャーvs他9頭」...

続きを読む

【メテオールライト】4歳以上2勝クラス(3/23)展望

メテオールライトが2勝クラスでの2戦目を迎えます。今回は、前走(牝馬限定)とは異なり牡馬混合戦となりますが、前走も一定以上の出走馬レベルだったと見ることもできますし、その延長線上の今回も期待できる一戦だと思っています。では、そのメテオールライトの一戦を展望をしていきたいと思います。まずは相手関係などから見ていきます。(まとめた表も添付します。)【展望(1)】出走馬レベル相手関係を測るために出走馬総賞...

続きを読む

Frankel(フランケル)系種牡馬は日本市場で根付くのか?!

なんとなく気になったので個人的な備忘録みたいな内容になっていますが、もしかすると未来で役に立つ場面もあるかもしれないので記事として残します。ご興味ありましたら読んでいってください。気になったのは、タイトルのとおりでFrankel(フランケル)系種牡馬についてです。(「Frankel直子」ではなく、モズアスコットに代表される「国内のFrankel系種牡馬」についてです。)先日、何気なく種牡馬辞典を読んでいたところ、毎年...

続きを読む

1996年・1998年、そして2024年。福永騎手から福永厩舎へ。

私は、馬柱を手元に、しっかり競馬を見始めたのが1996年秋のことです。最初に新聞を買ったG1レースは1996年秋華賞(優勝ファビラスラフイン)です。当時、東スポを買って、帰宅路の電車内で馬柱をワクワクしながら見たことを覚えています。その同じ年の3月のことです。1996年3月2日の中京2レース。このレースで福永祐一騎手がJRA初勝利を飾っています。福永騎手初勝利の馬…マルブツブレベスト(冠マルブツさん)オーナー「マルブツ...

続きを読む

【厩舎topic】注目の新規開業厩舎!戦力分布(2024年3月開業)

毎年恒例、3月の旬な話題ということで新規開業厩舎にクローズアップした記事です。新規開業厩舎はデータがない分、評価が難しいと思います。ただ、その分、他一口馬主より先取りできれば出資馬検討にも活かすことができると思います。今後、2023年産クラブ馬募集預託先にも入ってくる可能性もありますし、厩舎の特徴を早めに捉えて良いご縁にしたところだと思います。ということで注目の2024年3月の新規開業厩舎情報です。注目の新...

続きを読む

【ドラフト対策】JRAの馬主マーケットを考察(2024年版)

以前(2023年5月)に以下記事を作成しています。【ドラフト対策】全体的にインフレしているので予算を増やすほうが良いかもという話(2023年版)この記事では、クラブ馬価格の動向にフォーカスして、今後の一口馬主マーケットでどう生き残っていくかを考えるきっかけにしました。そして、この延長線上に近い形で、(さらに広いマクロ視点で)足下のJRA馬主マーケットを私なりに考察していこうという主旨で今回も進めていきたいと思...

続きを読む

【2023年産ドラフト】マクロ視点での注目種牡馬

2023年産ドラフトはまだ先で時間もたっぷりありますが、だからこそ今の時期に2023年産の注目種牡馬について考えていこうという主旨の記事です。個人的に、ちょうど今くらいの季節に血統登録数などの情報収集をしてその世代(今回でいうと2023年産)の未来(主にクラシック戦線)がどうなるのかを想像するのが好きです。別な言い方をしますと、具体的な募集馬リストなどが出てくるとそれに追われてしまってマクロ視点での考察ができ...

続きを読む

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ