fc2ブログ

記事一覧

【シルク追加募集②】調教師(厩舎)分析レポート(2022-2023版)

関西厩舎につづいて、関東厩舎のアップも完了しましたので再度広告です。

最新版(2022-2023版)の指数集計を終えましたので、解説も加筆している厩舎分析レポートをnoteに順次アップしております。
本分析レポート(2022-2023版)では、前年度版までの仕様をベースにしつつ各項目の深掘りをさらに行い改良を重ねております。追加募集だけでなく、2022年産検討にも活用できる仕様としています。
みなさまがそれぞれ得意にしている馬体診断や血統診断に加えて、当noteの厩舎分析を参考書として活用いただくことで”出資後のNG認定”のような事態を避けやすくなると思います。みなさまの楽しい一口馬主ライフをより向上できることを願っております。

田中博康厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
回収率狙いで検討していきたい厩舎だと考えています。また、比較的特徴が出ている厩舎です。出資検討の際には、募集馬(性・血統など)やクラブ(外厩など)が厩舎特徴に合致するかどうかから精査・検討をスタートするのが合っていると思います。

辻哲英厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
2022年単年のみで障害競走4勝を記録しています。しかも、4勝のうち1勝は障害オープンクラスです。また、その4勝は所属馬3頭であげたものでして再現率も高い印象を持てます。クラブ馬の1歳募集時に「この募集馬で中山大障害を目指すぞ」みたいなことはあまりないとは思いますが、辻哲英厩舎募集馬であればキャリアの先に入障という選択肢もあることは覚えておいてもよいかなと思います。

大竹正博厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
大竹厩舎の今年度版の焦点は、2022年に下がってしまった各指数についてV字回復を期待できるのか?それとも維持(もしくは下降)したままで進むと予想するのか?このあたりの予想にあると考えています。当然、この予想は出資検討にあたっての大きなテーマでもあると思います。

武井亮厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
2023年以降に収得賞金キャリアハイを更新しそうと予想するのか?それとも2022年(3.9億円)前後を維持すると予想するのか?というあたりが今年度版の最大の焦点だと思います。入ってきているクラブ馬は世代を追う毎に急ピッチで馬価格が上昇しています。馬価格≒馬質の一面もあると思いますので、今の馬質上昇を追い風に収得賞金キャリアハイ更新というアップサイドは十分にありうる観測だと思います。

和田正一郎厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
数々の見せ場を私たちに提供してくれたオジュウチョウサンも遂に2022年末で引退となりました。そして、オジュウチョウサンの存在を分けて考えていくことが和田正一郎厩舎分析をしていくうえで重要だと考えています。
和田正一郎厩舎の収得賞金なのですが、オジュウチョウサンが障害競走で獲得している賞金も当たり前ですが含まれています。クラブ馬出資時点で障害クラスを最初から目標にすることは稀だと思いますし、クラブ側も障害トップを目標にしての募集販促をすることはほぼないので、オジュウチョウサン効果を除した形でこの厩舎は見ていきたいです。

宮田敬介厩舎2022-2023【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析
(ひとこと)
芝系であれば「東京芝千八」を意識できるタイプで、2022年産の種牡馬で言えば特にサートゥルナーリアあたりは合いそうなイメージを筆者は思い浮かべています。ダート系はとにかく中山を意識できるタイプです。2022年産の種牡馬であればルヴァンスレーヴやニューイヤーズデイは合いそうなイメージがあります。


以上です、今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!
みなさまの愛馬の成績向上、次世代産駒での良縁、良い調教師(厩舎)とのご縁があることを願っています!

Twitterアカウントはこちら https://twitter.com/wineotto

Life with Horses!
それではまた~。


一口馬主 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ