fc2ブログ

記事一覧

【シルク追加募集】グリューネワルト2022に出資

先日のシルク追加募集で出資確定した馬が出ましたので出資記録として残します。


【出資確定】
グリューネワルト2022

今回のシルク追加募集では検討・協議の末、2頭に申し込みをしまして、うち1頭で出資が確定しました。
シルク2022年産は一次募集で出資馬ゼロだったので、グリューネワルト2022でクラシック戦線に挑んでいくことになります。

以下で、今回の出資理由を書いていきます。

グリューネワルト2022
今回の追加募集馬リストのなかで唯一のレイデオロ牝駒ということで、おそらくそれほどの人気にはならないだろうというのがリストを見た第一印象でした。
ただ、人気・不人気にかかわらず検討していくのが私のスタイルですし、レイデオロ産駒の結論を出すにはまだ早すぎるという考えもあって、しっかり検討した結果で申し込みに至りました。

母グリューネワルトがスピード抜群の短距離馬でしたので、グリューネワルト2022もスピード不足になるリスクは低いと思います。また、5代母Ridellは、種牡馬レイデオロを活かす血脈を保有しているのではないかとも思っていて配合面からの期待もあります。

他には、2歳4月時期の募集ということでトレーニングの進捗状況も気になりますが、坂路×週2日は問題なく消化できているので、これから入っていくであろう坂路×週3日をうまく消化していけば本州移動になると思います。そういう意味で「夏の移動を目標に、じっくりと」という現況も納得できるところで進捗についても懸念点はなさそうという判断です。

預託予定の武井厩舎については、足下でハーツコンチェルト、シュトラウス、アーバンシックとノーザンF天栄系牡馬重賞級が目立っていますが、メス馬についてもノーザンF天栄系アマーティ(サウジアラビアRCで3着)での実績があり、メス馬での重賞優勝にも期待がかかるタイミングだと思います。レイデオロ牝駒についても、武井厩舎はサツキノジョウで勝ち上がりを決めており、レイデオロ産駒の良い経験値があることもプラス材料だと思っています。

最後に再度レイデオロについてで締めたいと思います。
最近の種牡馬人気は上下ボラティリティが大きくなりやすいと感じていまして、過去にはモーリスの初年度産駒デビュー直後の人気急下降などは思い出しやすいところです。他にも、初年度種付け料500万円だったキタサンブラックが、2021年に種付け料が下落して300万円の底値にまでなったこともありました。
今のモーリスやキタサンブラックを考えると信じがたいですが、このようなボラティリティが最近の種牡馬市場なのだと思います。

であれば、種牡馬レイデオロも今が底値という可能性もあり、未来については決めつけることはせずに見ていきたいと思っています。特に2022年産は、レイデオロにとってまだ2世代目でもあり、別な見方をすれば初年度世代での経験値も踏まえたアップサイドも期待できる世代だと思います。

グリューネワルト2022の活躍で、父レイデオロの評価再興を!
がんばろう、グリューネワルト2022、女王になろう!

近いうちに天栄で見学できることを楽しみにしています♪


以上です、今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!
みなさまの愛馬の成績向上、次世代産駒での良縁、良い調教師(厩舎)とのご縁があることを願っています!

noteで【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析もやっています!こちらもぜひ読んでみてください!
最新版!2023-2024【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析

X(Twitter)アカウントはこちら https://twitter.com/wineotto

Life with Horses!
それではまた~。


一口馬主 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ