fc2ブログ

記事一覧

【POG2024】新種牡馬(モズアスコット、フォーウィールドライブ)

リーディング予想では取り上げることができなかった、個人的に注目したい新種牡馬を取り上げている記事の後編です。
今回は以下種牡馬を取り上げます。

・ルヴァンスレーヴ
・ゴールドドリーム
・ナダル
・モズアスコット
・フォーウィールドライブ


上記の種牡馬を、個人的に楽しみだと見ているポイントを交えて個別に確認していきたいと思います。
なお、各種牡馬に記載している頭数は、2024.04時点で確認できる2022年産血統登録数です。


モズアスコット(105頭)
モズアスコットについては、現役時のオーナーさん(キャピタル・システム)からの相当量のバックアップが確認でき、「モズアスコット×馬主キャピタル・システム(の2022年産)」の条件でnetkeiba検索をしてみると18頭の登録を確認できます。
「モズアスコット×母馬モズ○○」も複数確認できますし、オーナーさんが種牡馬モズアスコットの成功のために尽力していることがうかがえます。

血統背景も、国内では貴重なFrankel系種牡馬流行の先駆けになりうる種牡馬で、血統的価値の側面からも注目していきたい存在です。
Frankel(フランケル)系種牡馬は日本市場で根付くのか?!

それと、血統的な観点では、4代母Java Moonの全妹の産駒にブライアンズタイムがいまして、ブライアンズタイムを保有している母馬との配合では「4代母Java Moon=ブライアンズタイムの母Kelley's Day」の全姉妹クロスができます。
(Java Moon…Graustark×Hasty Road×Eight Thirty)
このクロスが、どのような効果になるのかも注目点です。


フォーウィールドライブ(86頭)
フォーウィールドライブは、種牡馬辞典によると、米国ファシグティプトン1歳市場で52.5万㌦という高額落札馬であったことが明記されています。
パーフェクト種牡馬辞典2024-2025
デビュー前に高評価を得ていたことはセールスポイントのひとつだと思います。

そして競走馬デビュー後は、米国BCジュヴェナイルターフスプリントのタイトルを獲得して競走能力の高さを示しているのですが、このBCジュヴェナイルターフスプリント優勝馬がどのような繁殖馬(牡であれば種牡馬、メスであれば繁殖牝馬)としてその血脈を広げていくのか?という点に興味を持っています。

と言いますのも「BCジュヴェナイルターフスプリント」は最近新設された競走でして、実際にフォーウィールドライブが優勝したときは「第2回BCジュヴェナイルターフスプリント(G2)」でした。(その後、2022年開催(第5回開催)からG1格付けになっています。)
つまり、BCジュヴェナイルターフスプリント優勝馬がどのようなタイプなのかの前例がなく、フォーウィールドライブはその先駆け的存在なので産駒動向に注目したいというわけです。
海外競馬ニュース ブリーダーズカップにBCジュベナイルターフスプリントを追加(アメリカ)

さらに、BCジュヴェナイルターフスプリントは、2歳11月上旬に行われる「芝1000~1100㍍」で施行されている競走です。
日本国内には似たようなレースはなく、このような施行条件で行われるレースで選別された競走馬の繁殖傾向がどのようになっていくのかは未知数であり、興味を持っているところです。

フォーウィールドライブは血統面でも興味深いところがあって、3代母Flamboyanceがゴールドアリュールに近い血統構成を持っています。フォーウィールドライブを、ゴールドアリュール持ちの繁殖牝馬に配合することでFlamboyance≒ゴールドアリュールのニアリークロスが成立することになり、これがどのように作用するのかも見所だと思います。
※以下は、ゴールドアリュール×Flamboyanceのnetkeiba競走馬配合シミュレートです。
20240419‗ゴールドアリュールニアリークロス


以上で、個人的に注目したい新種牡馬記事を終えます。
他にも新種牡馬がいますが、今回は私が個人的に勉強しておきたい新種牡馬を選んで取り上げてきました。
これらの取り上げた新種牡馬も、他の新種牡馬も、どのような産駒活躍になるのか楽しみです!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!
みなさまの愛馬の成績向上、次世代産駒での良縁、良い調教師(厩舎)とのご縁があることを願っています!

noteで【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析もやっています!こちらもぜひ読んでみてください!
最新版!2023-2024【一口馬主向け】調教師(厩舎)分析

X(Twitter)アカウントはこちら https://twitter.com/wineotto

Life with Horses!
それではまた~。


一口馬主 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。

カテゴリ