記事一覧

2017桜花賞 雑感「種牡馬ダイワメジャー安泰」など

桜花賞はレーヌミノルの勝利でした。ここまで強い競馬を見せていましたが距離適性からか人気が落ちた今回、池添騎手の早めの仕掛けも抜群でした。関係者のみなさま、おめでとうございます。

さて今年の桜花賞終了で個人的に感じた内容です。

①種牡馬ダイワメジャー安泰
2013年産メジャーエンブレムに続き、2014年産レーヌミノルを輩出しダイワメジャーの種牡馬としての地位も安泰になったように思います。
ちなみにダイワメジャーの種付け料金は以下です。
2012年産:400万円
2013年産:500万円(メジャーエンブレム)
2014年産:600万円(レーヌミノル)
2015年産:500万円(未デビュー世代)
2016年産:500万円(未デビュー世代)
2017年産:500万円(未デビュー世代)
2018年産:500万円(現在、種付け中世代)

種付け料金値上げ中の2013年産でメジャーエンブレムを輩出し、高値600万円世代でレーヌミノルを輩出。しかも、社台グループ以外からクラシック馬を輩出した意味は大きいかなと思います。今後もダイワメジャーは高値安定しそうです。社台SSから日高のスタリオンに移動しても高値安定で稼働できそうにも思えます。

②本田厩舎、初G1制覇!
実はここ最近、個人的に本田厩舎を注目していました。今年最初の記事で「最大の注目は本田厩舎でしょうか。出走数が多く、かつ賞金も稼ぐ…ということを実現できている厩舎といえそうです。」と残していました。
【厩舎クオリティ2016】月平均1馬房出走数
ここまで地味ながらも良績を残していた本田厩舎がついに大きなタイトル獲得です。2016年の本田厩舎の成績を見ていると単なる一発屋には見えません。今後も本田厩舎には注目が必要に思います。

③ダイワ牝系
レーヌミノルの母馬はダイワエンジェル。マスコミでもここ最近のダイワ牝系に注目する記事もありましたが、ここで開花です。やはり結果をだしていた大馬主の牝系は底力があるのかもしれません。
20170414_レーヌミノル牝系

やはりクラシックはいいなあと思えます。来年・再来年と毎年、クラシック戦線で活躍できる出資馬を選びたいと改めて強く思います。


一口馬主 ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ワイン初心者夫婦

Author:ワイン初心者夫婦
埼玉県在住の40代夫婦です。
キャロット(夫名義)2010年世代から開始。
シルク(妻名義)2013年世代から開始。
夫婦で重賞口取りを目指し一口馬主活動をしています。
よろしくお願い致します。